• 安全な資産

安全な資産

金はいつの時代でも普遍的で安全な資産として絶対的な価値を持っています。
金は限りある貴重な鉱物です。現在世界中で保有する金はおよそ17万トンです。推定可採埋蔵量はおよそ7万トン、年間生産量を2、800トンとするとあと25年で掘り尽くすことになります。
従って金の価格は全体的な傾向として上昇傾向にあるわけです。
金は他の鉱物のように腐食したり劣化したりしない金属です。
又インフレやデフレに強く、リスクの少ない価値を持っています。

インフレヘッジの逃避先としてデフレにおいては他の株や債権、通貨の価値が下落すると、リスクのない金が買われることになります。
他にも特徴があり、普遍的な力を持っていますが、常に世界中の国の政治、経済、社会変化にさらされています。

そうした各国の変化に金の相場が影響されているため、金の取引所があるわけです。
日本の場合は東京工業品取引所で金の価格が値決めされます。
その相場はアメリカやロンドンの市場価格に影響されます。価格はドル建てですから、日本ではその時点での為替で計算されて円換算の価格となります。

こうして金を扱う貴金属商は金の販売、買取価格を決定しています。
一般の人は、全国に展開している貴金属商の店で金を買ったり、売ったりするわけです。
金の価格が上昇傾向にあるため、こうした店が増加傾向にあります。
金の上昇は最近の原油価格の高騰、インフレの懸念、中近東のテロ問題、サブプライム問題などが影響しているようです。
金の買取業者が増え続けて、買取ルールもまちまちですから、トラブルも発生しているようです。
ただブランド・金買取りサイトは実績も十分ですので、一度お問い合わせしてみては如何でしょうか?
手数料を取る店や取らない店、金の評価が正当にできない業者など。
金の買取知識は少し勉強すれば誰でも商売が始められます。
買取業者の選定は安易に決めてはなりません。経験豊富な信用力のあるところを慎重に選ぶ必要があります。
金の買取といっても、金の純度や他の宝石が付いた指輪とかネックレス、など、その状態によって大きく価格が異なります。
こうした面でも詳細にわたってきちっと説明してくれる業者でないと安心して任せられないのです。