• 預貯金以外の資産運用

預貯金以外の資産運用

社会人になってから、預貯金以外の資産運用をはじめようと思い立って、財テク関連雑誌を購読していました。その中に必ずと言っていいほど特集が組まれていたのが純金積立でした。純金積立は、株や証券と違い、そのものが資産として価値があるので、金積立をつづけていけば、将来的に安定した資産になる可能性が高いと雑誌に書いてあり、純金積立ならば、月々無理のない金額からはじめられるという気軽さも手伝って、純金積立を始めることにしました。

純金積立は、まず、月々3000円からコツコツと貯めていきました。私が純金積立を始めた頃は、今よりももっと金の相場が
安かったので、3000円からでも毎月積み立てていくと徐々に金の量が増えていき、資産が増えていく気がしてが嬉しかったです。普通の預貯金と純金積立との違いは、資産として持ち続けることもできますし、金に交換して、自分の資産として手元に残しておくこともできるというところです。
友人はアイドルのクラウドファンディングといえばこちらで貯金をプロジェクトに投資していたみたいですが。。w

また、ある程度金の容量が貯まれば、貯めた金資産の中から一部を利用して金をメイプルリーフ金貨など、各種有名な金貨やアクセサリーに等価交換し、所有することもできます。持っている金資産で、アクセサリーが手に入るというのは、女性にとってもうれしいオプションです。

純金積立は、月々の積立をつづけてずっと貯めておけば、所有する金の量が増えていくので、ある程度たまったら、いわゆる金の延べ棒、地金としても交換することができます。また、純金積立を現金にも換金することができます。こちらは、金相場をよく確認して、相場の買い取り相場の高い時に売れれば、現金の資産を増やすことにもつながります。

純金積立は、月々の支払をするものの、普段は所有する金そのものを確認することはできませんが、管理運営は金の売買の資格をもつ専門の会社が行うので、積み立てた金の管理や、保管も自動的に行なってくれますし、保管料も無料の会社もあるので、安心して金資産を預けることができます。